ヤマハ天草製造株式会社

YAMAHA MOTOR GROUP
メインコンテンツ

ヤマハ天草製造株式会社のテクノロジー

テクノロジー

私たちはお客様の感動を最大限にするために日々顧客満足度の向上を旨としております。 その目的を達成するために、最新の舟艇開発・製造技術を駆使します。
開発段階では3DのCADを用い、魅力的な形状、FEM構造解析による信頼性の高い構造を開発しています。
このように作り込まれた3Dでのデータをもとに5軸のNC機で精度のよい型を製作し品質の高い製品をお客様に提供いたします。

テクノロジー
 
匠の技と先進テクノロジーの融合がヤマハ天草製造(株)の製品に生かされています。

製品技術

ウェーブ・スラスター・ブレード
静止時に風流れ抑止性能を発揮することを目的に開発されたW.T.B.は船外機艇での釣り機能の充実を実現します。W.T.B.は水中下での抵抗となり、風に流される距離や船首が風下に向くのを抑え、走行時は着水時の衝撃を低減します。
※W.T.B.(Wave Thruster Blade) ウェーブ・スラスター・ブレード ウェーブ・スラスター・ブレード
ウォーターバラスト&パワートリム
船内に装備された「ウォーターバラスト設備」の調整と船外機の「パワートリム機構」の調整が自在なウェイキコントロールを実現します。
ウォーターバラスト&パワートリム
スカルプチャルーチャイン
安定性と素直な操縦性を両立させるために開発されたチャイン形状です。
S-CHINEは船体中央付近のチャインを幅広にして安定性を確保し、航走中に水を切るスタンのチャインは前後揚力バランスや自然なヒール角度を得るために削り取った形状が特徴です。
  スカルプチャルーチャイン スカルプチャルーチャイン
  次のページへ
プライバシーポリシー お問い合せ ページトップへ
Copyright(C) YAMAHA AMAKUSA MANUFACTURING Co.,LtD. Allrights reserved.